1871年に法人化された米国は2021年に破産手続き完了/ バイデンは破産した会社の社長

2022-11-10

アメリカ合衆国は1871年から株式会社

1871年に株式会社アメリカが誕生

ワシントンDCは独立国家となった

1871年に第18代大統領ユリシーズ・グラントはアメリカ合衆国を破綻させた

1871年に米国議会はオーガニック・アウト・オブ・コロンビア法案を決議。米国は一文無しでお金が必要だった。

シティ・オブ・ロンドンのロスチャイルドの中央銀行等は当時の大統領ユリシーズ・グラントを説得し、アメリカ合衆国という法人を設立させ、これは米国を統治する目的で作られた。

独立戦争に勝利し独立国家であったアメリカ合衆国は、この時から他国(シティ・オブ・ロンドン)によって支配されてきた

シティ・オブ・ロンドンは英国内にある独立国家

このため、米国の弁護士はBAR/British Accreditation Registryという英国の法務試験をパスしなくてはならない。これが独立していなかった証拠ながら、誰も気に留めてこなかった。

株式会社アメリカ合衆国解散の証拠

2021/5/20にCBK News(JFK Jr夫人)のテレグラムChに投稿された。

2018年にトランプ大統領が当時の社長兼最高経営者として破産を申し立て、2020年5月に解散し、Dr. チャーリー・ウォードによると2021年に終結した。

President & CEO(社長兼最高経営責任者)としてドナルド・J・トランプの署名

テレグラム投稿

United States Corporation Companyの法人登記詳細

2022/4/6 43:25 字幕なし

バイデンは破産した企業の社長

プレジデント/大統領ではなくプレジデント/社長

破産した会社の社長で外国領土に留まるバイデン

Dr. チャーリー・ウォード

ワシントンDCは自治権をもつ独立国家であり、バイデンは憲法上のプレジデント/大統領ではなく、破産した株式会社アメリカ合衆国の社長であり、不当に外国領土を占拠していることなる。

2021-2022年に地図からワシントンDCの表示が消えた

2021-2022年のどこかの時点でグーグル・マップからワシントンDCの表示が消え、ワシントンに変わった。

Q情報をご存じない方はこちらをご覧ください

関連重要記事

 

 

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.