ブログの趣旨と情報ソース

このブログは、Qについて見聞きされたことのない方向けに準備しておりますが、国内外のDS/カバール=闇側工作員による意図的な偽情報と誤った認識による誤情報が溢れているため、既に真実に気づいている方にも正しい情報をお届けすることを目的としています。

写真、証拠、動画等で否定しようのない事実をお伝えすることで、読むことが苦手な方や、既に情報に触れていても懐疑的な方の参照用になる様に基本の重要情報から順にアップしますが、2021年のレッド・オクトーバー【赤い10月】からは日本でも世界的にも大きく動いているため、緊急性の高いニュースは随時挙げます。

アップ済と今後扱う主なトピック

  • 世界や国内で何が起きているのか(偽のパンデミックの裏と最新情報)
  • 世界緊急放送について(Truth Social/TMTG+/TMTG Newsで行われ、一斉放送ではない可能性大)
  • ネサラ・ゲサラについての正しい情報
  • ネサラ・ゲサラ/スターリンクによる新システムと享受されるもの
  • ロシアのウクライナでの特殊作戦(侵攻でも戦争でもない)
  • 新型コロナ&Covid-19ワクチンの真実と対応策
  • Qの計画と大いなる覚醒とは何か
  • 新SNSへの切り替えと準備すべきもの
  • ディープ・ステート/カバールによる支配構造と歴史的事件
  • DS/カバールのルーツとサタニストである理由
  • プーチン&トランプ大統領は執拗に攻撃されて来た理由
  • 特殊軍事作戦、経済リセット以上にグレート・アウェイクニングが重要な理由

ビッグテックのメール、SNSサービス、クラウドサービスは新インターネットのスターリンクには参加できない可能性大。 大手メディアもビッグテックのサービスも浄化されてスターリンクに参加できるか、浄化されずに抹消されるかのどちらかで、光側による買収とコントロールは進められ、Dr. チャーリー・ウォードは残らないだろうと予測。

注意点

これは壮大な情報戦でもあり、Dr. チャーリー・ウォード等の光側インテル情報発信者達にもたらされる情報の多くは一般市民向けではなく、何とか情報を入手し光側の動きを読もうとするDS/カバールを困惑させるためのものであり、光側は彼らがあることに気を取られている隙にどんどん別のことを進めてきた。

Dr. チャーリー・ウォードは知らずにそのような目的に使用されることは全く気にせず、目的のためには喜んで引き受けると発言している。

  • ”闇の10日間”はデクラス/機密開示のための緊急放送ではなく、停電にもならず、携帯ネットワーク、インターネットをシャットダウンすることかもしれず、米国のみで全世界ではない可能性【2022/9/27 フアン・オー・サヴィン(JFK Jr)情報】
  • テスラのフリーエネルギーに切り替え時(フリーエネルギーへの切り替えは一瞬で終了するという情報のため、日本での数日間の停電心配無用ながら、あらゆる場合での停電への備えとと通常の災害備蓄は1年前から強く推奨されている)
  • DS/カバールの逮捕は夜間に行われるため、特定の都市で別々の時間に停電が起きる【2022年8月 Dr. チャーリー・ウォード情報】

最も重要なことは、世界の主要国の中で大幅に遅れをとり、非常に大事な意味と役割を持ちながら、作戦の停滞原因となって来た日本人の覚醒と行動を促すことです。

Vivian
2021年1月からの国内のとある活動により、意図的に誤った方向に誘導された人々が進むべき道から外れ、逆行したため、非常に危惧しています。

Qの「大いなる覚醒(Great Awakening)」が非常に大事なことは無論、これはスピリチュアル・ウォー(精神性の戦い)であり、光側のアイコン的人物達やインテル発信者達がずっと強調していることであり、黄金時代&高次元の新地球ヤマトに進む(戻る)ためには精神性、魂レベルでの上昇が不可欠であるため、そのためのガイドを目的としています。

Vivian
重要な基本情報までカバーできていないため、非常に重要ながらまだスピリチュアルサイドまで辿りつけておりませんが、引用で掲載しています。

情報ソース

テレグラム情報(英語原文)

Q&トランプ派のキーメンバー

JFK ジュニアキャロライン・べセット=ケネディトーマス・マキナニー中将, Truth Social 公式アカウント

Qアノンのインフルエンサー(若干)

Whiplash347: JFK Jrのアカウントと言われ可能性は高いが殆どフォローしていなかったのでコメントは難しいが、投稿内容から見ても、その可能性は非常に高い。

2020年12月から2021年3月までYoutube動画で伝えられた《ワシントンからのメッセージ》

詳細は後日解説

米軍&光側ホワイトハットとNDA(機密保持契約)を締結しているインテル発信者情報:

1. チャーリー・ウォード/Dr Charlie Ward

元英国諜報部 国際部門 MI6 諜報部員

QFS/量子金融システムの公式スポークス・パーソン(報道官)

※軍事作戦と金融リセット(QFS-量子金融システム,GCR/RV等)の2つのNDAを保持。

国防総省ペンタゴンと司法省の光側で実質コントロールしている勢力とも直接コンタクトをとっている。

2,700万人のフォロワーを持ち、2019年から2,500のインタビュー動画を配信。

2022年11月にトランプ大統領からマー・ア・ラゴに招待され、プーチン大統領も10年前に会ったことがあり、12月にインタビューを行う。

Bitchute 動画Ch テレグラム Ch/ ウェブサイト

2. サイモン・パークス/Simon Parkes

元英国地方議員 & 英ラジオ・トークショー・ホスト

光側との契約で、米国に移る予定だったが延期されている。

※2021年と2022年春の予定が延期になっているが、見えない戦争中であるため予定通りにならないのは当然

祖父:元MI6諜報部員 母:元MI5(国内)諜報部員(CIAにも出向)

Dr. チャーリー・ウォードとはほぼ毎日話し合っている。

Bitchute動画 Ch / テレグラム ch / サイモン・パークス ウェブサイト

3. ジーン・ディコード/Gene Decode

元米海軍 特殊部隊員 潜水艦乗務(20年以上) 自然療法士

30分の臨死体験で神に出逢い、聖なる契約を結んだ後、人類、地球、そして神の創造物に奉仕するために戻ることを許された。

ウェブサイト テレグラム ch

Bitchute/Rumble 保守動画&テレグラム情報

ニコラス・ヴェニアミン ChTelegram Ch

英国の法廷弁護士 真実を伝えるため弁護士を辞めインタビューに専念

インタビュー動画(世界情勢、Q関連)
ミシェル・フィールディング/Michelle Fielding

※Dr. チャーリー・ウォード等が信頼し、毎日話し、何かあれば真っ先に相談するチャネラー。

トランプ大統領やQの動きについて、2020年からのことと、2021/12/3のチャネリングで、進行中の作戦状況やネサラ・ゲサラを含む今後の展開についてDr. チャーリー・ウォードと軍部のインテルチームを驚愕させた。

多くのことがミシェルのチャネリング通りに進んでいる。

ステュー・ピーターズ ショー Ch / Telegram Ch インタビュー動画(医学、科学系)
【Dr. チャーリー・ウォードやニコラス・ヴェニアミン Chのゲスト】
ディヴィッド・マホーニー
アイルランド人俳優&映画製作 スペイン在住の保守コメンテーター

Dr. チャーリー・ウォードのインサイダークラブのCo-ホスト

独自のインテルソースをもつ

スコット・マッケイ/Scott McKay 米国 保守ラジオ トークショー ホスト

※リン・ウッド弁護士が見るように伝えたQについての説明はスコットの動画で紹介された

マイケル・ジェイコ/Michael Jaco 元CIA & 米海軍 特殊部隊 ネイビーシールズ 隊員

CIAで光側で働いていた。

4/1にDr. チャーリー・ウォードがシェアした米国人のタロットカードでも、特殊ミッションに従事しており、ホワイトハットと出ている。

彼らは自分達や真実を伝える人々をTrutherトゥルーサーと呼び、米国でのReAwake America Tourでグレート・アウェイクニングの中心的役割を担っている。

英国では2022/5/12にGreat Awakening UKがバーミンガムから開始。次回は12月。

日本のアライアンスの情報 (2021年11月以降)

・日本の光側アライアンスと、軍部等から情報をもたらされていたとされるYユーチューバー経由の情報(2021/12/25まで)

※このユーチューバーにアライアンス情報がもたらされたのは2021年12月下旬迄。

アライアンスがソースでなかった軍部情報については、2021年12月下旬からの言動とその後の情報により信憑性が失われた。

米国を中心とする西洋諸国の時事情報

国内のSNSとYoutube情報には偽情報と翻訳ミスや誤解釈による誤情報が多く含まれるるため、必ず原文または英訳のクロス・リファレンスを行い、写真や動画も精査し、信憑性の高いものだけを掲載。

Qアノンのインフルエンサー

2021年春以降殆どノーチェック:

GhostEzra:2021年春からJFKジュニアのアカウントを偽物呼わばりし、果てはトランプ大統領批判まで行い、誤った方向に誘導するQアノンを装う闇側工作員と判明。

投稿する写真と動画は信憑性が高いが、彼自身の言葉は信用しておらず、引用したのは光側からも出されている写真や動画のみ。

闇側のインサイダーらしく、相当な情報にアクセスできる人物であることは間違いなく、Qのインテルに近い情報を出していたが、JFK Jrも批判し光側から氏名と住所等の個人情報も特定されている。

以下の米国のQアノンアカウントは情報ソースとして引用なし

CJTruth:JFK JrがGhostEzraを非難した際に本物のQアノンと紹介したが、その後リン・ウッド弁護士を攻撃

フィル/Phil Godlewski:日本でフォロワーが多いと言われるが、一度部分的に読んだだけでも信憑性に欠けるため

誰をフォローするか注意しろとQドロップでも警告されている

世界中で予め闇側工作員が光側&Qアノンの振りをしてインフルエンサーとなり大量のフォロワーを獲得し、重要な局面で偽情報により混乱、または誤った方向に誘導するため準備されており、日本も全く例外ではない。

2020年12月から保守SNSParlerから9千人の日本人をTwitterに逆誘導した在日ウクライナ人のインフルエンサーもDS/カバールの工作員で、対ロシアとの情報戦で本領を発揮すると見ていたが、案の上数人がアクティブにロシア悪魔化キャンペーンを繰り広げている模様。

参考書籍:

DS/カバールの2つのルーツである悪の誕生から今日のNWO/グレートリセットに繋がるカナン人→ハザールの全ての歴史

ユースタス・マリンズ:調査研究に40年をかけ、多方面から様々な迫害、批判、中傷、攻撃を浴び、32年間FBIの監視下に置かれ続けた。政治的理由により、連邦議会図書館を解雇された唯一の職員で、1945年以降、ヨーロッパで著書が梵本処分に遭った唯一の研究者。

カナンの呪い ユースタス・マリンズ著

世界はここまで騙された コンノ・ケンイチ著

暴かれた9.11疑惑の真実 ベンジャミン・フルフォード著

図解 世界「闇の支配者」ベンジャミン・フルフォード著

図解 「闇の支配者」頂上決戦 ベンジャミン・フルフォード著

 

ワクチンの罠 船瀬俊介 著

医療殺戮 ユースタス・マリンズ著

病院で殺される ベンジャミン・フルフォード著

病院に行かずに「治す」ガン療法 船瀬俊介 著

民間が所有する中央銀行 ユースタス・マリンズ著

脳内革命 春山茂雄 著

天皇家とユダヤ 飛鳥昭雄&久保有政 著

このブログで紹介する書籍、商品、映画等はアフィリエイトではなく、収益化しておりません。

2021年1月からの膨大なテレグラム情報等の保存データから探すのに時間を要するため、多くのスクリーンショット、写真等を後から追加しておりますので、ご了承ください。

85%のスマホ―ユーザーの方に見やすいように、文字の間隔と行間の調整と写真の拡大も機能していないため、余裕が出来た際に対処します

2021-10-01

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.