Covid-19とCovid-19の検査方法は2015年にロスチャイルドが特許取得 勃発以前に米とモデルナがワクチン契約締結

2015年に特許取得済のCovid-19と検査方法

2015年にロスチャイルドがCovid-19特許を取得

10/16 Dr. チャーリー・ウォード & クレイ・クラーク

2015年に英国のロスチャイルド家が2つの特許を取得。

1. Covid-19=AI(人工知能)ワクチン証明

Certification

Of

Vaccination

ID=ID

19=AI (Aは1番、Iは9番目のアルファベット)人工知能

2019年にメル・Kが指摘。

イタリア人医師も2020年の夏にこれを暴露する動画を出し、決してワクチンを接種してはいけないとイタリア人に警告している

2. Covid-19の検査方法

米国立衛生研究所の医学ライブラリーサイト

腐敗した政府、大手製薬、ビッグテックが問題を創り、用意していたソリューション(ワクチン)を出し、ヒーローのように振舞った。

PCR検査の開発者故Dr. キャリー・マリスはアントニー・ファウチを嘘つきと呼んだ。

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は偽陽性を創り、数を大幅に増やすことが出来ると警告。

米政府とモデルナはパンデミック前にワクチン契約締結

新型コロナパンデミックが起きる2週間前に米国政府とモデルナはワクチンの契約を締結。

2019/12/31に中国はある種の感染症の勃発があると発表したが、新型コロナとは特定されていなかった

158ページの契約の104ページに記載されている:

NIHが機密合意で技術をコウモリの女性として有名になった生物学者のパートナーであるDr.ベリック(?)に移譲。

mRNAコロナウィルス用の候補ワクチンは共同開発され、NIAID/国立アレルギー感染症研究所とモデルナが所有する。

このDrとコウモリ女性達が2020年1月末に研究所からコロナウィルスが流出したという説を徹底的に封鎖した。

9:30 & 16:00 字幕なし

ワクチン中の暗号通貨システム特許

人体データ使用の暗号通貨特許

マイクロソフトは人体データを使用の暗号通貨特許を取得

一部の新型コロナワクチンの中に入れられている暗号通貨システムの特許技術。

マイクロソフトは2019/6/20にWIPO/世界知的所有権機関2019年6月20日に出願し、2020年3月26日に発行された。

生体活動データが暗号通貨システムによって設定された1つまたは複数の条件を満たすかどうかを確認し、生体活動データが確認されたユーザーに暗号通貨を与える。

シンボリズムと数秘術

666はカバールに悪の数字として使用されてきた

特許番号:WO2020060606

2021年に多くの動画でこのマイクロソフトの特許が暴露された。

Q情報をご存じない方はこちらをご覧ください

関連重要記事

 

 

 

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.