新型コロナCovid19の正体は生物兵器 マスク、検査、ワクチン中の酸化グラフェン&5G

2021-11-03

Covid19は酸化グラフェンと5Gで起こされる症状

マスク、PCR検査、抗原検査、ワクチンに酸化グラフェン

過去のインフルエンザワクチンにも

2021/6/25のスペイングループの動画発表
スペインの国立大学で使用されている電子顕微鏡や分光法等の技術による分析結果

酸化グラフェンが含まれているもの

  • メディアが販売停止を報道したものだけでなく、全てのマスク
  • PCR検査と抗原検査の両方で使用されている綿棒
  • 新型コロナワクチンに相当量のナノ粒子(アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、シノバック、ヤンセンファーマ、ジョンソン&ジョンソン)
  • 抗インフルエンザワクチン
  • 製薬会社が準備中の新しい抗インフルエンザワクチン
  • 鼻腔内投与タイプの新しい抗Covidワクチン(膨大な量)
  • 過去のインフルエンザワクチン

酸化グラフェンの特性

  • 生体内で血液凝固を引き起こし、血栓を作る毒性がある
  • 凝血予備軍に関する酸化バランスを崩し、免疫システムの変化を引き起こす
  • 肺に蓄積されると、肺胞管を均一に播種されることにより、両側性肺炎を起こす

どのような投与経路であっても、酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫システムの崩壊と、それに続くサイトカイン・ストームを引き起こす。

血栓の写真と動画はパスワード限定公開で後日アップ

酸化グラフェンの特徴

  • 金属の味がする
  • 酸化グラフェンを吸い込むと、粘膜に炎症を起こし、その結果、味覚が失われ、嗅覚の一部か全部が失われる
  • 生体内で強力な磁気特性を獲得する

ワクチンを含めた様々な経路で酸化グラフェンを取りこんだ結果、世界中で見られた磁器化現象はこれが原因

他の磁器化現象を見る

金属に飛びつく酸化グラフェン

酸化グラフェンがSARS-CoV2=新型コロナウィルスと思われているものであり、Covid19という症状を引き起こしている。

誰も新型コロナウィルスを分離・精製出来たことがなく、それは各国の最高レベルの保健機関が質問を受けて認めた事実である。

新型コロナウィルスの存在証明出来ず ~ スペイン厚生相が敗訴

Covid19の発症メカニズム

Covid-19は酸化グラフェンを様々な経路で体内に取り込んだ結果
  1. 酸化グラフェンはSARS-CoV2と呼ばれているものと同様に、エアロゾル中で極めて強力な効力を発揮する
  2. 他の物質と同様、酸化グラフェンにも電子吸収帯と呼ばれるものがある
  3. それは特定の周波数ではその物質が励起され、急速に酸化する
  4. 生体内での毒性物質の増殖と、自然の抗酸化物質であるグルタチオン蓄えのバランスが崩れる

この周波数帯は、新しい5Gワイヤレステクノロジーの新しい放出帯域で放出されている。

そのため、パンデミックの最中にもこのアンテナの設置が止まることはなかった。

そして、特殊な監視とは別に、国家保安部隊によりこれらのアンテナへの監視がされ、維持されていた数少ないサービスの1つだった。

武漢は5Gのテストを行った世界初のパイロット都市

2019年の抗インフルエンザキャンペーンでは、酸化グラフェンは補助薬として使用されていたため、そのバイアルに投入されていた事が疑われる。

その後に世界各地で5Gテクノロジーがテストされ、電磁波と体内にある酸化グラフェンの相互作用でCovid-19が発症した

全ては武漢から始まったが、それは2019年11月下旬に5Gテクノロジーのテストを行った世界初のパイロットサンプル都市だった。場所と時期が偶然にも一致する

センザンコウもコウモリスープも、単に注意をそらすためのものだった。酸化グラフェンの導入目的は想像する以上に不明瞭である。

DS/カバールのパーティでのWHO事務局長ペドロス

政府が強要しているものが病気の原因

今まで持っていた病気についての知識をリセットすることがとても重要である。

国民は政府の最高機関から自分自身を守るように言われ、私達を病気にする可能性のあるもの自体を強要されている。

論理的に、現在病気の原因、もしくは病原体は正確には化学性毒性物質であり、生物学的物質ではないことが判っている。

グルタチオンの増加で弱毒化

これを弱毒化する方法も分かっており、グルタチオンレベルを上げれば良い。

グルタチオンは体内に蓄えている天然の抗酸化物質である。

いくつかの詳細を見れば、メディアで報道されて来た、全てのことが完璧に理解できるだろう。

高齢者が罹患し、子供やスポーツ選手が罹患しない理由

子供はグルタチオンの量が極めて高いため、子供達には殆ど影響を与えない。

65歳を過ぎると、グルタチオンは激減するため、Covid19は特に高齢者層に蔓延している。

激しいスポーツをしている人のグルタチオンのレベルが非常に高い。このため、スポーツ選手では0.22%しか罹患しなかった。

今、なぜ数えきれない研究でN-アセチルシステイン(体内でグルタチオンの前駆体となる)やグルタチオンを直接患者に投与すると、Covid-19がとても早く治ることが示されているのか、理解するだろう。

酸化グラフェンという毒性物質に対処するグルタチオンのレベルが上昇したからである。

国家による生物テロ攻撃

ニュルンベルク綱領違反の人道に対する罪

我々が発見したことは、これは国家による生物テロの本格的な攻撃であり、少なくとも全ての人間に対して政府が共謀し、人道に対する罪を起こしているという事である。

この情報を地域の医療従事者、開業医、介護施設、医療サービス全般だけでなく、地元、地域のメディアや報道機関と周りの全ての人にも知らせることがに知らせることが必要不可欠である。

我々は、彼らが新しい5Gテクノロジーのスイッチをオンにした時、スペインだけでも毎日何万人もが亡くなると推計している。

覚えていてほしいのは、酸化グラフェンが入ったワクチンを接種しているのは老人ホームの高齢者だけではない。知っているように、人口の大部分がワクチンを接種しており、徐々に酸化グラフェンを投与、グラフェン化されている

人体にはこの有害物質を排出する力があるため、年3回まで接種を推奨されているが、これは酸化グラフェンを体内に留めておくためである。

自分達を救うのは国民の力

我々は明らかにされた1つ1つの証拠を持っている。正義が果たされようとしている間にも、人々は底なしの断崖絶壁から落とされ続けるだろう。

これを見れば、1年以上もの間、最高機関から完全に、そして何も気づかないまま騙されていたことを理解するだろう。ようやくTVのニュースで見た全ての不自然なことが理解できるだろう。

Fauci

この動画を広めて、我々を待ち受けている運命【国連2030アジェンダ】を止めよう。我々にかかっている。

和訳版:動画サイトで横スクリーンで視聴可能

La Quinta Columna(ラ・キンタ・コルムナ)

ウェブサイト:www.laquintacolumna.net (スペイン語)

テレグラム Ch La Quinta Columna TV

Covid-19は人口削減計画

30年前から計画されて来たことについては別記事でアップ

イタリア人医師による警告

【必見】ロベルト・ペトレッラ医師

自分はワクチン接種より死を選ぶ

Covid-19はウィルスの名前ではない。数十年かけて開発された人口抑制と削減の国際的計画の名称。

WHOペドロス事務局長初期発表「このウィルスの名前はCovid-19 とした。しかし、これはウィルスそのものではなく、それによって引き起こされる症状を指す」

19は計画が作成された2019年を意味し、80%以上の全人口削減が目的である。

検査を拒否することが、ワクチンを回避する唯一の方法。

ウィルスが活性化するのは予防接種により免疫が弱体化されているためであり、新型コロナワクチンは他のどのワクチンよりも恐ろしい最悪のものである。

ワクチンを接種してしまえば、酷く弱り、病気になり、間違いなく死ぬ。彼らがほしがっているものを与えて、罠に落ちてはいけない。PCR検査が地獄への入り口。PCR検査を受けてはいけない。

自分はワクチン接種より死を選ぶ。

2020/12/31にParlerに投稿した翻訳は見つかり次第掲載。

日本語字幕版

英語字幕版

発言内容が変わって行ったWHO事務総長

コロナワクチン内に寄生体と卵 酸化グラフェンが餌となる

光側が闇側の計画を乗っ取った

酸化グラフェンは良くも悪くも使える奇跡の素材

オペレーション・ワープスピードは軍事作戦でワクチン開発ではない

トランプ大統領はなぜワクチンを推進したのか

※光側が乗っ取り、酸化グラフェンは良いことに使われる

Q情報をご存知ない方はこちらをご覧ください:

最初にご覧ください ~ コロナの煙幕の裏で何が起きているのか

関連重要記事

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.