現在進行中【末日の善と悪の大決戦】予言 & トランプ預言  【スピリチュアルの戦い】,【神への信仰への復帰】&【人や動物への利他愛】の重要性を強調 

2022-04-21

末日の善と悪の聖戦の予言とトランプ預言

末日の善と悪の大決戦は最後の聖戦

無関心、傍観していれば行くべき世界に行けなくなる

スピリチュアル性と宗教は全く別であり、、Dr. チャーリー・ウォードサイモン・パークスジーン・ディコード等のインテル情報発信者、彼らやニコラス・ヴェニアミン,等の保守チャンネルのゲストスピーカーはこの重要性を何度も何度も繰り返し強調している。

宗教は人々を対立させるためDS/カバールが作り、ほとんど全ての宗教で表の顔と裏の実態は全く異なり、恐ろしい人道に対する罪を行い、何も知らずに信じる人々は利用されてきたが、まだ大多数は気づいていない。

聖書は絶対一神教のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教に限らず、全ての人間に関わり、聖書は信じない、無宗教だから関係ないという認識は大きな間違い。

日本人で神社・仏閣に参拝したことがない人はいないはずで、参拝しながら神々の存在を信じないことはあり得ない

Dr.チャーリー・ウォード

どちらの側につくのか、選ばなくてはならない時期に来た。フェンスの上に座っていれば、闇側に落ちる(堕ちる)。

真実を知り、覚醒したつもりでも、アクションを起こさなければ、フェンスの上に座っていることになる。

人類の希望は東方にある

20世紀の有名な米国人予言者 ジーン・ディクソン

2020/7/5の動画 抜粋

20世紀の有名なアメリカ人女性予言者であるジーン・ディクソン/Jeane Dixon (1904–1997)は、元米国大統領フランクリン・ルーズベルトや元英国首相ウィンストン・チャーチル等が信頼し、二度ルーズベルトに招かれ水晶で予言を行った。

ルーズベルトが第二次大戦中にソビエト連邦との関係について尋ねたところ、同盟関係は間もなく終わり、敵対することになると答え、驚愕させた。

ソビエトが東欧の共産主義の国々の兄貴分になること、赤い中国の出現や中国での4つの大事件の驚くべき出来事を予言し、全て実現し、検証された。

ジーンは晩年、乱世に希望を持たせる予言を残した。

チャーチル、ルーズベルト、スターリンは全てDS/カバールのアシュケナージ・ユダヤであり、終戦直後のソビエト連邦の日本への侵攻は三者の密約によるもの

毛沢東もDS/カバールで背後にアシュケナージ・ユダヤが存在。

末日の全額の大決戦が2020年に到来し、その時になると偽預言者、サタン、反キリスト者が人類と対陣して戦う。

東方で世界を一変させる人が生まれる。その人は互いの愛で人類を結び付け、新しい世界を創り上げる。

大紀元ニュース:

善悪の大決戦は既に始まった。

今人々が目にしたのは中共側を代表する偽預言者、サタンと反キリスト者等と人類との戦いだ。

疫病は最も外側の顕現であり、内側の重要な核心となるのは宇宙における生命の善悪に対する信仰の対決である。

この善悪の戦いにおいて人間世界は信仰に対する改革と復興の洗礼を受け、最終的に信仰が蘇る

人類は創造主に対する忠誠な信仰を固め、そして生まれ変わる。

大紀元ニュース:

事実が証明した通り、邪悪な組織と関係を持つほどウイルスの感染がもっと酷くなる。

真実が分かり、邪悪な中共を非難する人々、神を信じる人々は免疫レシピを手に入れることができる。

「法輪功は素晴らしい。親・善・忍は素晴らしい」と、心から念じた人は不治の病がすぐに治り、救われたという神の奇跡は予言と一致する。

今回の善悪の大決戦は人類に対する邪悪な災難を取り除くために来ている。

世紀の予言は先んじて、迷いの中の人々目覚めさせている。

視聴推奨

提供:大紀元ニュース/エポックタイムズ

大紀元ニュースは中国共産党による法輪功学習者への弾圧と、生きたままの臓器摘出&売買の実態を広める法輪功関連のニュースソース

日本にはトランプ大統領が就任前から3度通い、DS/カバールの邪悪な組織の1つを破壊するために協力を依頼した、数千年前から続いてきた血流の超国家権力が存在し、イエス・キリストもこの家系の頂点の人物から学ぶために日本に来ていた。

現在は2021年11月上旬に443代目の体調不良により444代目が即位され、男性。Twitterで444代目を名乗る女性名のアカウントとは異なり、SNSでの発信は行っていない。

アライアンスからの即位の発表のツイートに対し、すぐにこの444代目アカウントから即位への祝辞が出されており、かなり情報に精通していることから、周囲の人物だろうとの情報。

超国家勢力は闇側のDS/カバールのみならず、真の救世主的存在の血流は遥か昔から受け継がれてきた。

代表的な反キリスト

Dr. チャーリー・ウォードと聖書に精通しているクレイ・クラーク&アーロン・アンティスが何度も「悪=サタンが口を開いて話している」と引用する、恐ろしい発言を繰り返す代表的な反キリスト。

ユバール・ノア・ハラーリ

世界経済フォーラム会長クラウス・シュワブのトップアドバイザーで元米大統領バラック・オバマが著書と推薦し有名にした。

ユバールは兄殺しでエデンの園を追われたカインの悪の血流の直系の意

トランプ預言 実証された過去と将来の預言

マーク・テイラー トランプ預言

2020/11/25 動画 概要

敬虔なクリスティアンの米国消防士のマーク・テイラー氏は、2011/4/28にTVでドナルド・トランプのインタビューを見ていた時に、

あなたは大統領の話を聞いている

という声を聞き、その声は神からであることを告げられた。

そして、

神はこの人を通してアメリカに名誉を尊敬をもたらし、伝統を取り戻し、アメリカは再び世界で最も強く、最も繫栄した国になるだろう

と告げた。

テイラー氏は友人の医師夫婦にこのことを話したが、2011年、トランプ氏はリアリティ番組の続投を決めたため、大統領選に出馬しなかった。

テイラー氏は徐々にこれを忘れ、神からのお告げも減ったが、2015年に彼と友人は彼の言葉を思い出した。

数週間後の2015/6/12にトランプ氏は大統領に出馬すると発表し、テイラー氏達は驚いたが、2016年大統領選の共和党候補の予備選挙は熾烈だったことと、トランプ氏に対する政界とメディアの態度が険しかったことと、トランプ氏は政治の素人で、勝ち抜くことは至難だったため、テイラー氏は神からのお告げを疑った。

その時に神は

ニューヨークのロングアイランドの競馬放送を見なさい。その中に神の旨を示すものがある。

と告げた。

最初から出遅れていたCreator/創造主という馬が、徐々に追いつき、Destiny/運命という馬を追い抜き勝利した。

つまり、創造主は運命を超越することができるという暗示で、5か月後にトランプ氏はヒラリー・クリントンを破り大統領に選出された。

その後に次々とお告げが現実となったため、トランプ預言を出版し、有名になった。

2016/2/24

新しい大統領が在任中に3人の最高裁判事を指名し、これをもって敵に「あなた方(DS/カバール)の負けだ」と明確なメッセージを示す。

トランプ大統領より前の5人の大統領のうち、2人は取り除かれ、残りの3人は骨まで震撼させられる

ジミー・カーター

バラック・オバマ

ジョージ・H・W・ブッシュ

ジョージ・W・ブッシュ

ビル・クリントン

トランプ大統領は在任中に、廃止された死刑の手段の電気椅子、絞首刑、ギロチンを復活させた

2021/1/21以降、ホワイトハウス、連邦議事堂を含むワシントンDCの主要区画にはフェンスが張り廻られ、州兵がガードし、臨時の建物が設置され、数週間~数か月に渡り、夜間に大量の子供たちがホワイトハウスから出てきてバスで移動し、煙が上がっているのが目撃された。

ホワイトハウスやバッキンガム宮殿では、引き続き秘密裡に逮捕されているDS/カバールの軍事裁判が行われている。

ジョージ・H・W・ブッシュの葬儀は別途記事アップ

ハンター・バイデンのラップトップ(ノートPC)にはDS/カバールの全ての悪行(人身売買、異常性小児性愛行為(ピザゲート)、悪魔崇拝、麻薬取引、ウクライナでのカラー革命とクーデター、ウクライナを含む世界の生物兵器研究所の創設関連、傀儡政権の擁立等)が詰まっている。

米超大手新聞すら、ハンターのラップトップの存在を認めざるを得ない状態になっている。

BLM = Biden's Laptop Matters/バイデンズ・ラップトップ・マター

(バイデンのラップトップが重要)

を米国で玄関先に掲げている家がある。

写真と動画は後日アップ

2016/6/12

東方には無敵を称する猛獣が躍り出るが、神は西に聖獣を備えており、神の威力を与え、猛獣を徹底的に撃破する。

視聴推奨

提供:NTDTVJP

インドの少年 アナンド君の予言

2020年の預言

コロナウィルスの勃発を予言し有名になったアナンド少年は大災害を予言したが、政府とメディアに操作されず、お互いを平和的かつ、合理的に扱うように呼び掛けた。

宇宙の星座の動きが大きく関係している。

私たちはみな同じ人間。私たちはお互いに、また、神によって創造された他の生き物たちへの思いやりを持つ必要がある。

別の動画でも、他人や動物達や他の生物達に思いやりをもつことで、初めて神の憐みを得ることができると話している。

この後もいくつかの予言を出している

視聴推奨

提供:看中国

300年隠れてきたアーミッシュがトランプ大統領を支援

2020/11/1 動画

300年前に米大陸に移住した当時の暮らしを続けているアーミッシュが、聖書の予言の人はトランプ大統領と確信し、人里離れたアーミッシュの村から町に出てきた。

スターリンクによる新システム

トランプ大統領はホワイトハウスの最後の大統領

トランプ大統領は大統領としてホワイトハウスに戻らない

ワシントンDC、シティ・オブ・ロンドン、バチカンは地理的には米国、英国、イタリアの中に位置するが、主権国家の外国領であり、ホワイトハウスは米国ではないため、その中に米政権は存在しない。

トランプ大統領は2021/1/20以降、継続して米国のトップであるが、第46代や第47代大統領として復帰することはない。

これが、ワシントンからのメッセージで繰り返し伝えられた「選挙の結果はどうでもよい」理由。

Q情報をご存じない方はこちらをご覧ください

関連記事

 

 

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.