気象兵器と昆虫型ドローン兵器

2021-10-01

気象兵器はかなり前から存在

以前は頻繁に報道されていた人工地震

”1960-1980年代は日本の新聞の全国紙で人工地震の報道がなされていた。”

ベンジャミン・フルフォード著 「闇の支配者 頂上決戦」より

2011年に閣僚が人工地震に言及

2011/7/11の衆議院復興特別委員会での当時総務大臣政務官であった浜田和幸の発言「地震や津波を人工的に起こすことは、技術的には可能だと言われている。このことは、国際軍事上においては常識化されている」

ベンジャミン・フルフォード著 「闇の支配者 頂上決戦」より

気象兵器の種類

DEW/Direct Energy Weapon

オーストラリア、米国カリフォルニア州、トルコ、ギリシャ等の大規模な火災は自然の山火事ではない

ゲリラ豪雨

パルス攻撃による火山噴火

ケムトレイル

軍用機や民間機により有害な化学物質を撒き、健康被害を起こす。

赤丸はエンジン エンジンでない部分から噴射

 

ドイツ首相 アンゲラ・メルケル

散布の様子
空港で誤ってケムトレイルを撒いた日本航空機

日本国内でも2021年11月以降 大量のケムトレイル

首都圏西部でのケムトレイルの写真と動画は後日別記事で4月にアップ予定

元FBI職員の告発

告発の半年後にヒ素による毒殺が疑われる不審死を遂げた、元FBIロスアンジェルス支所長の動画。

動画提供:Twitter Transporter氏

ケムトレイルの後を追うTR3B

TR3Bの詳細

以前は悪事に加担させられていた米軍

ジミー・カーターからバラク・オバマまでの5代のDS/カバール政権の間に、米軍は大義のない戦争を始め、あらゆる悪事に加担させられていたが、今は光のアライアンスの中心的役割で、特に”特殊部隊は長期のメンタル・サポートが必要と言われる程の激務を担っている。”

Telegram CBK Newsより

Chemtrail budge

チーム・ケムトレイルのバッヂ 米国政府が軍に化学物質を散布する任務を与えた証拠

路上での散布

5Gによる攻撃で肺破裂のため鳥が死亡

欧州 肺破裂で死亡した鳥

杉並区の善福寺公園でも鳩が大量に死亡しており、解剖した3羽は全て肺破裂していた。

地震兵器

スマトラ沖、中越、阪神淡路、熊本、東日本大震災は全て気象兵器によるものである。自然地震では、先に小さな振れのP波が起こり、その後に大きな揺れとなるS波が来るが、人工地震では突然S波が起きる。

HAARP

HAARPハープはアラスカを始め、世界各地にあり、京都大学の敷地内にもあり、ハリケーン等の様々な現象を起こす。

HAARP

写真:AP/アフロ

雪やひょう

2021年1月に雪の降らないスペインのマドリッドや米国テキサス州で異常な積雪があり、雪は燃えないものだった。

ビデオは余裕が出来た際にアップ

蚊型ドローン

蚊型のスパイドローン。米国政府が資金を出し、開発させた。リモートでコントロール可能で、カメラ、マイクを備え、DNAサンプルを採取し、RFID追跡ナノテクノロジーを皮膚に残すことが出来る。窓から侵入したり、家に戻るまで衣服についていたりする。また有害物質を注入するものもある。

Q情報をご存じない方はこちらをご覧ください

関連重要記事

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.