有効な治療法は抹殺 二酸化塩素水/CDS【ワクチン接種加担者は人道に対する罪で裁かれる】

2021-11-27

医療利権に反するものは抹殺される

二酸化塩素水

二酸化塩素水ソリューション/CDSはトランプ大統領在職時にワクチンとして分類された4つの薬品、療法の1つである。

ボリビアでの実証

毎日100名の死亡者が出て15,000人が亡くなり、世界でも感染状況が酷い都市であった南米のボリビアのグアヤキルで二酸化塩素水を治療に用いたところ、4日で全ての患者が回復し、死亡数もゼロとなった。

これは100%有効であるだけでなく、100%安全で、驚くほど安価なものである。

世界的に著名なスイスの生物物理学者のDr. アンドレア・カルケル/Andreas Kalckerが13年以上研究して来た。

二酸化塩素は血中の酸素を増加させる一方で、ウィルス、真菌、微生物等の種類を問わずに病原体を酸化させる。

これは電気ショックや燃焼のようなもの。

どのようなバクテリアでも逃れられず、小さな酸化で1つのウィルスを排除するのに大きな効果をもたらすが、細胞を傷つける程の力は持たない

和訳動画:ぽむちゃんねる(有志グループ)Ch

概要

人権はどんな法律よりも優先される

ヘルシンキ議定書の第37章に、逼迫した状況において、医師は他に承認された医薬品がなければ、救命のために証明されていない方法も使用できると明確に記載されている

FDA(米国食品医薬局)等で使用を禁止する法律があるかもしれないが、我々は国内法を超える法である人権について声を上げている。人権は人々には生きる権利があると述べており、国連でさえ、医師は何でも使用できると言っている。

これにより、承認がなくても使用する法的根拠がある。

グアヤキルでの臨床結果

グアヤキルで最初の臨床試験を行った。当時104人の患者がいて、97%が4日で治癒し、全てのフェーズで100%完治するという証明がある。

人口1200万人の南米ボリビアで、毎日100名の死者が出ていたので、最初に警察と軍隊で試し、大成功を収めた。

政治家も感染し、軍医が救ったため、全土で許可する法律が制定され、僅か2か月で死者がゼロとなった。

史上最悪の大量虐殺

人道に対する犯罪に立ち向かう

22か国の医師、学者、弁護士のグループ

世界の22か国で4,000人以上の医師が二酸化塩素水を用いて治療しており、4日~7日でPCR陽性が陰性になった20,000件以上の症例が報告されている。

我々は人命を救わなくてはならないが、救われたい人とシープル(シープ+ピープル=羊のように従順にワクチン接種を受ける人)がいる。

皆がそれぞれ自分の命の責任を負う

なぜメディアは報道しないのか

なぜこのような奇跡のニュースやヒドロキシクロロキン、ビューデソナイド/Budesonid、過酸化水素、イベルメクチン等の他の有効な治療法がTVや新聞で報道されず、人類から隠されているのか

なぜこれらのCovidの治療法は抑圧され続けているのか?

そしてなぜ治験中でしかなく、生命の危険がある遺伝子修正ワクチンが唯一の治療法として押し付けられているのか?

計画された疫病 プランデミック

ワクチンを売りたい業界があり、今直面しているのはパンデミックではなくプランデミック(計画された疫病)だからである。

Dr. カルケルの著書はアマゾンで禁止され、Youtubeチャンネルは即座に削除され、Facebookページもクリアされ、Paypalアカウントは凍結され、ついにはリサーチゲートからも削除された。

我々はビッグテックの持っている力を理解する必要がある。

彼らは望むままに、何でもどこでも消すことが出来るのである。

なぜビッグテックが隠すのか

答えは単純。彼らにとって人類の数が多すぎるからである。彼らは我々を必要としていない。

10年以内に車は人工知能による自動運転になり、タクシーやトラックドライバーは不要になる。

全てが自動化されるので、農民も必要なくなり、診断は人工知能が行うため、医師もそれ程必要なく、弁護士もAIの方が早いので、減少するか不要となる。

人口知能によりグレートリセット

人工知能が大規模普及し、グレートリセットとなるはずであり、これは非常に明確なことである。

このパンデミック事態は単に新世界秩序/NWO(New World Order)ニュー・ワールド・オーダーの序章であり、非常に長い間予告されて来たことが実施段階に入って行く。

《絶対的な支配》が彼らのアジェンダである。

彼らにはアジェンダがあるが、この生物学者の第三次世界大戦において、我々は自分自身を守る権利がある

多くの国で、特に軍人の中から多くの協力者を見つけ、彼らは軍隊、軍人として自分の国を守りたく、完全にこれについて理解している。

あなたは愛国者であり、どこの国の愛国者かは関係なく、同胞が死ぬのを悲しく思っており、兵士として誰も戦場に残したくない。

しかし、この疫病(DS/カバール)に対する弾丸はないため、非常に単純な解決策を提供しており、それは知識だけである。

二酸化塩素の生産も販売もしていない。時間が解決してくれることを期待している。

ニュルンベルク綱領

COMUSAVは医師と弁護士で構成されており、今日の戦士は弁護士である。

そして法律に明記されていることは、全ての合意がなければ、どのような物質も人間の体に入れることは出来ないということ。

これは人権違反であり、ニュルンベルク綱領に違反する。

自分はドイツで生まれたドイツ人だ。ナチスの医師達が強制収容所で恐ろしい人体実験で殺害した。

加担した医師達はニュルンベルク裁判で「自分達は命令に従っただけ」と述べたがそれは通用せずに処刑された

たとえファイザー社自体に責任がないとしても、ワクチンを接種に加担していて死者が出た場合、大量虐殺で起訴される可能性があり、大量虐殺者は絶対に逃れることは出来ない。

COMUSAV

我々の弁護士グループは非常に大きくなってきており、人権委員長もおり、人権委員会出身の医師や科学者も、国際法の大学教授もいる。とてもレベルの高い人材が集まっているが、医師だけでなく、多くの弁護士が更に増えることを望んでおり、どのような医師も弁護士も大歓迎。

人道への犯罪に立ち向かう

世界には希望があり、人類には治癒法がある。

ウェブサイトからメールマガジンに登録すれば、世界で何が起きているのかを正しく知ることが出来る。

自分と愛する人々と世界を、人類史上最悪の犯罪から守ることが出来る。

ウェブサイト(英語とオランダ語)

ニュルンベルク裁判 2.0の動向

1. 英国のハンナ・ローズ弁護士等の100人の弁護士と1万人以上の医師が国際刑事裁判所に英国政府、WHO事務総長、アンソニー・ファウチ、ビル・ゲイツ等を提訴

2. ドイツのライナー・フールミッヒ弁護士等の弁護士と数十人の専門家による世界の全市民を陪審員とするニュルンベルク裁判2.0の大陪審が進行中。

治験中の遺伝子操作薬物であるCovidワクチンの緊急承認の要件を満たすために、有効な治療法である正式なワクチンは悉く抑圧され、発信者はSNSや医学、科学等の専門のプラットフォームから排除、権威を損なわれ、生命を奪われた例も数多い。

関連情報

Q情報をご存じない方はこちらをご覧ください

関連重要動画

 

 

 

 

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.