危険なPCR検査の正体 生物兵器ナノボットの挿入

2021-10-11

PCR検査に仕掛けられた罠

PRC検査キットの綿棒でマイクロチップを埋め込む

FEMA従事者の内部告発

キャロライン・べセット=ケネディ(JFK夫人-JFKジュニアは1/30からJFK

PCRテストはマイクロチップを埋め込むためであり、テストのためではなかった。

ナンティーズ(Nanties)と呼ばれ、DNAを採取する生物兵器のナノボットを入れていた。PCR綿棒は目がある額と鼻の後ろの鼻咽頭に直接入れられる。これは血液の脳関門にあり、松果腺の隣にある。

この生物兵器で感覚を鈍化させ直感を殺し、彼らが何をしているかを認知出来ないようにしているのだろう。PCRテストとマスクを拒否し、彼らに針を刺すことをさせないように。

 

元FEMAのCeleste Solumセレステ・ソラムの内部告発動画

磁器シグナルが入れられ、生物学的に変えられるだけでなくタグ付けされる。ロックフェラーの技術で彼らにより指揮されている。これはバーコードをつけタグを付け識別される最初のステップ。純粋な形で残ることは不可能となり、特許がとれる程、私達を改造することである。彼ら(DS/カバール)は生物学的な生命とロボット工学を融合させることを学んできた。

バーコードスキャナーで番号が出たワクチン接種者

その目的は人間を絶滅させるためである。彼らは旧世界ものは何も望まず、新たな世界を求めているからだ。2025年までにあらゆる人類を根絶し、誰もがマトリックスの一部となるように、研究室で設計され改善されるようにしたい。

人間は2万から3万のナノ粒子を持っているが、彼らは人々の脳に手術不要な方法でマイクロチップを埋め込みたいと思ってきた。何年もの研究の末、ハイドロジェルビルまたはビル・ゲイツの量子ドットと呼ばれるジェルを開発した。

ワクチンが注射されると、それらは自己組織化し、全身で増殖し、血液脳関門を通過して脳を掌握する。それが拡大するにつれて、湿気と体内の液体を引き出し、人々が人間でなくなるところまで増殖し続ける。人々は消耗し、量子コンピューターのノードとなる。何も残らず、生物学的には何も残らず自己は死ぬことになる。

これを避ける唯一の方法は、PCR検査やワクチンにNoと言う事である。

ハイドロジェルのマスクも出回るようになり、息をするたびにハイドロジェルの粒子を吸い込むことになるだろう。毒性をもちうるあらゆる人工バイオナノ粒子が体内に拡散され、特定の周波数によって起動されると言われる。

マスク、PCR検査、ワクチンを避けることが重要である。受ければ受ける程体内に蓄積され、排出されない。

ワクチン接種後に動きが止まる人々

危険なシグナルを送る5Gのシステムは光側ホワイトハットのオペレーションにより破壊、無害化されている

ナノボットが動く様子

虫にそっくりの動きをし、泳いだり、階段を昇ったり、物を持ち上げたりすることも出来る。

動画:テレグラム HATSTRUTH

PCR検査は非常に危険

綿棒についているナノ粒子は脳にダメージを与え、不凍液や殺虫剤に使用される毒物が入れられている。血液脳関門を突破するリスクがあり、嗅覚神経の周りの神経線維に届き、副鼻腔感染を起こし、多くの症例が上がっている。

PCR検査は感染症検査に使用すべきではない

PCR検査開発者「感染症検査に使用してはいけない」

PCR検査を開発しノーベル賞を受賞したキャリー・マリス博士は、検査は診断に使用してはいけないと警告を発した後に不審死。その3か月後に新型コロナウィルス感染が発生した。

PCR検査はウィルス不在で開発

中国にはウィルスはなかった

コンピューターで作られたウィルスを基にした

PCR検査はコンピューターでモデル化されたウィルスに基づいて作られた。

中国にはウィルスはなかったため、感染者から分離されたウィルスは存在せず、それに基づいていない。

2分動画

字幕:Twitter You氏

検査はウィルス不在で開発

PCR検査はウィルス不在

FDA文書は

英国 アンナ・デ・ビュスケット弁護士

FDAの文書はコロナPCR検査がウィルスの単離されたサンプルなしで開発されたことを認めている。

PCR検査キットには、陽性と陰性用の2種類

セキュリティIDカード代わりにマイクロチップ・インプラント

マイクロチップを埋め込みIDカード代わりに使用するデモと推奨報道

日本の報道

貼るワクチンも同じ

心配されることは、2020/3/26にビル & メリンダ・ゲイツ財団が生化学データを採取する特許060606を申請したことである。もし一人一人がバーコード化され、暗号通貨にリンクされると、誰がこのデータを取得し、利用し、何に使用されるのかわからず、プライバシーも自由もなくなり、システムの奴隷となる。

PCR & 抗原検査のからくり 感染症用検査に使用してはいけない

PCR検査後に目と鼻から出血

PCR検査キットに発がん性物質の表示

PCR検査キットに表示されている成分のSteroEO (Ethylene Oxide)は脳出血、脳腫瘍、、白血病、脳ガンを起こす、発がん性物質の中で最悪のものと米国国立ガン研究機関のウェブサイトに掲載されている。これが綿棒にスプレーされている。全く脳に問題のなかった発信者の友人の父親が入院し、何度もテストを繰り返され、脳出血で死亡した。

肛門PCR検査の後に歩く様子 中国

綿棒による検査で、これだけのインパクトがある程綿棒を深く挿入することが不可解

 

Q情報をご存知ない方はこちらをご覧ください

コロナの煙幕の裏で本当は何が起きているのか

※世界は見えない戦争中

ワクチンとPCR検査を受けてしまった場合の対処法

関連重要記事

 

Copyright © リコリコワールド All Rights Reserved.